3種類

体を動かすのに必要なエネルギーとして速攻で機能する糖、細胞の生まれ変わりに必ず要るタンパク質など、度の過ぎたダイエットではこの2つに代表される活動をキープするために絶対に要る成分までもを減少させている。
「肝機能の悪化」は、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の値で診れますが、近頃肝機能が落ちている人が増加しているそうです。
めまいが診られず、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状のみをいつまでも繰り返すタイプのことを「蝸牛型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断する症例があるということはあまり知られていません。
チェルノブイリ原発の爆発事故に関する被害者の後追い調査の結果によると、成人に比べて体の小さな未成年のほうが漏れた放射能の悪影響を受けやすくなっていることが理解できます。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有した精液や血液のほか、女性の腟分泌液や母乳といったいたる所の体液が、交渉相手等の傷口や粘膜部分に触れることにより、HIVに感染する可能性が高くなるのです。
耳の奥の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に大別することができますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスが付着し、発赤等の炎症が発生したり、体液が溜まる病気を中耳炎と呼んでいます。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓から分泌されている解毒酵素そのものの製造活動を促進しているかもしれないという新たな事実がわかりました。
スギの花粉が飛散する季節に、小さな子どもが体温は平常なのに頻繁にくしゃみをしたりずっと鼻水が出続けている状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性があります。
過飲過食、肥満、運動不足、不規則な生活、仕事などのストレス、老化などの様々な誘因が融合すると、インスリン分泌が衰えたり、機能が悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発病するのです。
一見すると「ストレス」というものは、「消すべき」「除去すべきもの」と思われがちですが、実のところ、人は様々な場面でストレスを感知しているからこそ、生活していくことが可能になります。
陰金田虫というのは、医学上では股部白癬と言われている、白癬菌が股間や陰嚢、臀部などの部位にうつってしまい、棲みつく病気で水虫のことなのです。
肥満というのは当たり前のことながら摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが主因ですが、一緒の量のごはんであっても、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することによって体重過多に陥っている肥満を招きやすくなると言われています。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最もかかりやすい中耳炎で比較的小さな子供によくみられます。激しい耳痛や38℃以上の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(耳垂れ)などのありとあらゆる症状が出現するのです。
高齢の人や慢性的な病をお持ちの方などは、より肺炎を発病しやすくなかなか治らない傾向が見られるので、事前に予防する意識や早めの受診が必要になります。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が誘因で発病する湿疹で、皮脂分泌が異常をきたす要因としてアンドロゲンと女性ホルモンの不均衡、リボフラビンなどビタミンB複合体の枯渇等が大きいと考えられているのです。