生活

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・悪心・腹下しに見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は凄まじい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度以上の高熱も出るのが相違点です。
塩分と脂肪分の摂り過ぎは避けて軽い運動に励むだけでなく、ストレスの少ない生活を続けることが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め防止する方法です。
一見すると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「排除しなければいけない」ものと思いがちですが、その実、私たちヒトは多少のストレスを体験しているからこそ、生き延びていくことができます。
亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に作用する酵素や、細胞・組織などの活動に関係する酵素など、200種類以上ある酵素の構成物質として非常に重要なミネラルだといわれています。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら人の体を癌から保護する役割をする物質を創造するための金型ともいえる遺伝子の不具合によって発病してしまう病気だと言われています。
メタボリック症候群であるとは診断されていなくても、内臓の脂肪が多く蓄積しやすいような悪い体重過多を抱える事に縁り、命にかかわるような生活習慣病を引き起こしやすくなります。
緊張性頭痛というのは肩凝り、首の凝りに誘引される最も一般的な慢性頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような激しい痛さ」「頭が重たいような酷い痛さ」と言い表されます。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、現在までの膨大な研究結果として、予防接種の効果が見込めるのは、注射したおよそ14日後から約150日位だろうということが分かっています。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失効した後に販売される、新薬とまったく同一の成分で金銭的な負担の小さな(薬の価格の安価な)後発医薬品のことを指します。
常識で考えると骨折を起こさない位のごく僅かな力でも、骨の同一のポイントだけに繰り返して連続してかかることによって、骨折が起こってしまうことがあるので気を付けましょう。
高齢化が原因の耳の聞こえ辛さは時間をかけて聴力が低くなるものの、通常60歳過ぎまでは聴力の減退をあまり把握できません。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌に感染している人が「せき」をすることによって外気や内気の中に投げ出され、空気中でふわふわと動いているのを今度は別の人が吸い込むことにより感染していくのです。
ストレスが蓄積する経緯や、手軽なストレス対処策など、ストレスに関わる正確な知識を保有している人は、まだ少ないようです。
アメリカやヨーロッパにおいては、新薬の特許が切れた30日後、製薬市場のおよそ割が後発医薬品に切り替わるという医薬品もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は各国で知られているという現実があります。
ご高齢の方や慢性的な疾患のある人などは、極めて肺炎に罹患しやすく完治までに時間がかかる傾向が見られるので、常日頃の予防や早めの処置が肝要です。