整形外科

内臓脂肪症候群であるとは断言されていなくても、臓器に脂肪が多く蓄積してしまう種類の悪質な肥満を抱えてしまう事に縁り、深刻な生活習慣病を引き起こしやすくなります。
暴飲暴食、肥満、運動不足、遺伝、多忙によるストレス、老化などの複数の素因が合わさると、インスリンの分泌量が低下したり、機能が低下したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発症するのです。
軽傷の捻挫だろうと勝手に決め込んで、包帯やテーピングテープなどで一応患部を固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を済ませたら一刻も早く整形外科の医師に診察してもらうことが、結局は快癒への近道となります。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても出ることがあるので重大な疾病ではないと考えられていますが、発作が数回相次いで出るケースは危ない状態です。
1回永久歯の表面の骨を浸食するほど進んでしまった歯周病は、悲しいかな病状が治まることはあっても、エナメル質が元の量に復元されるようなことはないに等しいと言われています。
体脂肪量には変化がないのに、体重だけが食物の摂取や排尿などで短時間で増減するような場合、体重が増えた方は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が高まります。
栄養バランスのいい食生活やスポーツは勿論、体の健康や美容を目的として、欲しい栄養を補うために色々なサプリメントを使用する事がまったくおかしくなくなってきているのです。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬という名称で、カビの一種である白癬菌が股部や陰嚢、お尻などの場所に何らかの理由で感染、定着する病気のことであり即ち水虫です。
グラスファイバーで作製されたギプスは、非常に丈夫で重くなくてとても持ちが良く、濡らしても使えるというメリットがあるため、今のギプスの定番製品となっているのです。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等の値によって判断することができますが、特にここ2、3年肝機能が落ちている日本人の数が明らかに増えているということが危険視されています。
日本における結核への対策は、1951年に誕生した「結核予防法」に準ずる形で行われてきましたが、半世紀が経過した2007年から数多くある他の感染症と一緒に「感染症予防法」に基づいて実行されることに決まったのです。
人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に分けられますが、この中耳の辺りに様々な細菌やウィルスなどがうつり、発赤等の炎症が起きたり、液体が滞留する症状を中耳炎と言うのです。
30才から39才の間に更年期になったら、医学的な言葉で表すと「早発閉経(early menopause)」という病気にあてはまります(我が国の場合40歳未満の女の人が閉経してしまう状態のことをPOFと称します)。
亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に関係している特殊な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに深く関係している酵素など、約200種類以上もの酵素を構築する成分として絶対に外せないミネラル分です。
「いつも時間がない」「うっとうしい様々な付き合いが苦手だ」「テクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進歩になかなか付いていけない」など、ストレスを受けやすい主因は一人一人違います。