嫌がらせをして遊ぶ

差別にかまけていじめなんてしなきゃいいんです。
例えば、 富豪の子が貧困家庭の子を「おまえんち貧乏」と言っていじめる。

脚の不自由な障害者に「ほら走ってみろ、遅いな」と嫌がらせをして遊ぶのが虐待。 腕力の劣る女性をレイプする。この日記のニュースもレイプという暴力の虐待です。 力に差があることを意識する(差別する)からこそ生じる犯罪。
本当に卑劣です。虐待やいじめをする人が現実にはいる。 自分が優位で相手が劣位だと意識するならば、 いじめをせず、浮気調査 静岡相手の足しになる行動を探すべきです。 助けて幸せにしようとするのも、差別があるからなんです。
区別も差別も本来は、尊重や優遇や福祉行動にも繋がる良い精神の言葉です。 悪い言葉では無いはずが、 差別にかまけて虐待して遊ぶ心を持つ、残念な“敗北者”が多いのです。 たいへん多いのです。 女性は基本的に優しく平和な性格で、自然の恵み、オアシスのようです。母なる大地、母なる海。守り育てる性格です。