予防する

内臓に脂肪が多い肥満と診断された上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2〜3項目該当するような様子のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと名付けています。
男性だけにある前立腺という臓器はその生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても深く関連していて、前立腺に発生した癌も同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの機能によって肥大化してしまいます。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果によって、ワクチンの予防効果が期待されるのは、ワクチン接種した14日後からおよそ150日くらいということです。
耳鳴りには種類があり、本人だけに感じられるような「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように本人以外の人にも品質の高いマイクロホンを利用してみると感じるという「他覚的耳鳴り」があるのです。
鍼灸用の針を痛みの発生源に刺す、という物体的な複数の刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスと呼ばれている謂わば電気信号伝達を招くと言われているのです。
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成された食品添加物などの成分を特殊な酵素で分解し、無毒化する作用の事を解毒と呼んでおり、多機能な肝臓が果たす非常に大切な務めのひとつだということは間違いありません。
ストレスが蓄積するシステムや、便利なストレス対処法など、ストレスにまつわる正確な知識を保持している人は、さほど多くはありません。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究によれば、1日あたり2〜3カップのデカフェのコーヒーを代用すれば、驚くことに直腸癌の発生リスクを約52%減少させることができたとのことだ。
「とにかく時間がない」「面倒な様々なお付き合いが嫌でたまらない」「先端技術や情報の高度な進歩に追いつけない」など、ストレスを受けてしまう場面は人によって違うようです。
トコトリエノールの作用は酸化を遅らせる機能が格段に知られてはいますが、その他に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが認められています。
シルバー世代の人や慢性的な病気を患っている方などは、特に肺炎に罹りやすく治るのが遅い傾向が見られるので、事前に予防する意識や早めの手当が大事なのです。
外から眺めただけでは骨折したのかどうか区別がつかない時は、痛めてしまった部位にある骨を控えめに触れてみて、もしその箇所に強い痛みを感じたら骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
陰金田虫(いんきんたむし)は20代〜30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があり、基本的には股間部にのみ拡大し、走ったり、風呂から上がった後など体が温まった時に強烈なかゆみを感じます。
昨今、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗う抵抗力、すなわち免疫力の無い人たちが増えていることや、早合点のせいで受診が遅れることが誘因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が多くなっています。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない色々な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに関わっている酵素など、約200種類以上もの酵素の構築成分としてなくてはならないミネラル分だといわれています。