なんだね?君は?

変なおじさんと言えば志村けん のコントでお馴染みです。

田代まさしに「なんだね?君は?」と言われ、沖縄民謡ハイサイおじさんの替え歌で変なおじさんの歌を歌う、伝説のコントです。

私生活は田代まさしの方が変なおじさんだったという驚愕の事実が発覚したりもしました。

最近、変なおじさんがマイブームでして、変なおじさんの事を書こうと思いました。

とは言っても志村けんの話ではなく、日常に潜む変なおじさんです。

変なおじさんは、電車の中にいます。

出没時間は昼すぎから夕方位、年齢は60代半ばから70代、肌の色はこ汚い、そしてうすよごれた青かカーキーのジャンパーを来ています。

ぶつぶつ独り言をいいながら、乗り込んで来たら、それは変なおじさんです。

野球帽をかぶっていたら完全体です。

まず、変なおじさんは、いきなりデカイ声で誰かに話かけます。

リアクションがなかろうが、しったこっちゃなく、もしかしたら、乗り合わせた人全員に演説をしているのかもしれません。

そして、変なおじさん達の特徴は、世の中を憂いています。

「こんな世の中、でいいのか?」、「お前ら、サラリーマンがこんな無気力で日本は大丈夫か?」。